Folon

folon.jpgニュースを見落としていたのかもしれないのだけれども、なんとなく絵を見たくなってたまたま検索していたらこんな記事が目に入った。四国新聞によると画家のJean Michel Folonが亡くなられたとのこと。
20代の頃に見た展覧会の中でも印象に残っているもののひとつが鎌倉の神奈川県立近代美術館(だったかな?後で調べてみよう)でのフォロン展。色彩と、画面のこちらと向こうを静かに結ぶような空気感を忘れる事はない。ご冥福をお祈りします。

ジャンミッシェル・フォロン氏(ベルギー生まれの画家・彫刻家)AP通信などによると、20日、白血病のためモナコの病院で死去、71歳。

建築を学んでいたが画家を志してフランスに渡った。当初、フランスでは評価されなかったが、作品を米国の雑誌に送ったところ、ニューヨーカー誌などで紹介され注目を集めた。水彩画やイラストのほか、彫刻やグラフィックアート、地下鉄駅の巨大壁画など幅広い分野にまたがって独自の世界を展開。日本を含む各国で作品展が開かれた。(パリ共同)

吉田拓郎と流星バンド

気持ちのよい秋の夜に贅沢な編成のバンドで長年割合好きだった歌手の歌を聴く。それが良くないわけがない。事実悪くないコンサートだったし、懐かしさもありしみじみと楽しめた。
吉田拓郎の東京国際フォーラムでのコンサートに行ってきた。80年代には割合会場に足を運んだものだ。今回は5,6年ぶりくらいになるのかな。ひょんなことからチケットの購入を依頼され、これも何かの縁と久しぶりに行ってみることにした。
達者なミュージシャンたちによる大編成のバンド。それを瀬尾一三という日本を代表するような編曲家が指揮をする。照明装置の見事さと相まって(華美な方向ではなく充実したという意味で)豪華でした。流石という印象のクリアかつシャープな音。拓郎本人がそう言ったという通り、こういうビッグバンドで歌う舞台を望んでいたのでしょう。歌い方・声質もそれに合わせたのかとてもクリアに聞こえた。いや、そういう歌唱に変化していたからこそそういう編成を選択したのだろうか。

read more