挑戦者たち

連勝ならなかったのは残念。でもまあオークランドのいいところもたくさん出たし良かったんじゃないかな。キース・フォルクが頑張って投げていたのも素晴らしい。アメリカに戻って仕切り直し。もう一度開幕を迎えるような変な感じ。

今年は日本で一時代を築いた選手たちのメジャー挑戦が目立つ。日本歴代一位のセーブ記録を持つ高津臣吾はすでにカットされてしまったけれども、桑田や薮は生き残り続けていた。桑田真澄が引退を表明との記事を見たのはついさっきのこと。ただただ残念。でもよくやったと思う。

日本だけでなく米国でもしっかりと足跡を残した野茂ももがいている。大好きな、大切な投手。なんとか這い上がってほしいのは当然なんだけれども、ブルペンの野茂ってちょっと想像できない気もする。

彼らと同世代ながら現役メジャーとして頑張っている田口や斎藤。それだけでなぜか思い入れが強くなってしまう。特に田口には1年でも長くプレーしてほしいと思うのは、仕事への取り組み方に強く共感するところから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です