Magic Mouse その後

Magic Mouseを手に入れてから良好な操作感とそのスタイリッシュな見た目にすっかりお気に入りになってしまったのだけれども、二つ気になる点も見えて来た。

ひとつは慣性スクロール機能。
環境設定でこの機能をオンにすると(持っていないけれども)iPhoneでの操作のようにぐりぃぃんとスクロールできる。これは普段使いのブラウザ等のソフトやファインダでは非常に快適だ。しかし仕事で使うIllusutratorやPhotoshopでは邪魔になることがある。うっかり擦るとすーっと作業エリアが動いていってしまう。
現在これを防止するために仕事ソフトではこの機能はオフにすることにしている。いちいちシステム環境設定を立ち上げマウス環境設定を開いて、というのは面倒なのでマウス環境設定が一気に開くよう、システム > ライブラリ > PreferencePanesのなかにあるMouse.prefPaneをDockに登録している。いくつかのランチャソフトも試してみたけれども結局これが僕には一番便利だった。
広く“勇者”の方々にお願いしたいのだけれども、慣性のオンオフのスイッチャーソフトかシンプルなスクリプトを誰か作ってくださらないかなあ。僕はそっち方面はとんと駄目なので人を頼るしかない。

もう一つは電池の減りについて。
思っていたよりも早いというのが正直な感想。毎日四六時中手にしていればこんなものなのかもしれないが、アルカリで約1か月という感じだ。現在は試しにマンガン電池を使ってみているが、これが案外持ちがいい。ただしアルカリに比べてbluetoothの接続が不意に途切れる回数が多いような気もする。某Mac人の友人はリチウムイオン電池の長持ちさと軽量によるメリットを強調していたけれども電池単価とのバランスも考えたいし、エネループという選択肢もある等楽しみ、いや、試行錯誤は続く。

いずれにしてもすっかり気に入ってしまったニューマウスで作業効率も倍増と行きたいものである。


3 Comments

    某Mac人です。

    Energizerのリチウム1次電池(Amazonで4本セット1,200円ぐらい)、換えてみて一ヶ月ちょっと経過していますが、まだ残量表示は100%のままですよー。
    ただ、インテリジェンスなバッテリと違ってあくまで汎用の乾電池、残量を知る手がかりは電圧のみだと思うのです。電圧降下が始まるのが遅いのがリチウム電池の特徴なので、もしかしたら空っぽになる寸前まで100%の表示が続くのかもしれませんね。もう少し様子を見てみたいと思います。

    慣性スクロール、自分はG5(Leopard)の環境なので恩恵を享受していませんが、確かにアプリケーション毎に切り替えられたりするとベンリかも…
    単にオン←→オフを切り替えるだけなら割とカンタンっぽかったので、
    Automatorのワークフローとして作成してみました。良かったらためしてみてください。起動する度にオン←→オフが切り替わります。
    ただし、エラー処理等一切かましてませんのでアプリケーションとしての信頼性は低いです。

    http://www.from-the-new-world.com/ToggleMomentumScroll.zip

    実体はシェルスクリプトとAppleScriptです。
    単に慣性スクロールの切り替えだけならShellからdefaultsコマンドを叩いてやればいいだけなんですが、設定を反映させるには再ログインするか、あるいはシステム環境設定でマウスの設定を変更しないといけないようなので、結局AppleScriptのGUIスクリプティングに頼っております。そのため「ユニバーサルアクセス」の「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックが入ってないと動作しません。
    このあたり、なにか上手い逃げ道があるとよいのですが。

    すごいわー。この段階ではスクリプトエラーが出ちゃったけれども、すらっとこんなの出来ちゃうなんて感動。どうもありがとう!
    Twitterで貰ったアドバイスどおりこちらでもちょっと工夫してみます。これうまく動いたら需要あるんじゃないかな。

    電池についてはやっぱリチウムパワーは想像以上、その後どうなったかまた教えて下さい。

    更なるアドバイスで期待通り動作させることができるようになりました。ありがとう。
    これはきちんと別記事にしておかなくちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です