物件

のんびり気長に構えていたら突然馬鹿みたいな値段の物件情報が飛び込んできた。冷やかしで終わるような気がするけれども明後日見に行く。先方の電話の応対もいやはや、怪しさたっぷり。

師走あれこれ

12月28日。引越しその二。(当然)日本晴れ。のち、今年唯一の忘年会。ま、他にも「のようなもの」はあったかな。

前日から体調が悪かった。いつものように当日にはしゃきっとしているだろうと思っていたら、悪化していた。友人(店子くんです)と業者に思いっきりよりかかってなんとか終えるも、完全に片づかなかったため、29,30日と掃除などしに行くはめになる。

29日。仕事納め(形の上では。今日も出てるし)。体調回復せず。

ひとつ判ったことがある。独立して10年近く「気を張っているから、体壊して休んだことなんてねーよ(実際には数回ある)」と豪語していたのだが、つまりこの仕事、なんとか起き上がれて頭が回り、Macの前にたどり着ければ多少の具合の悪さは関係なかったのだ。前にも書いたようにずうっと起きたら3歩でMacの前という生活だったのでなんとかなってきたんだろう。そういえば、1時間Macで作業したら、1時間寝込み、というのを繰り返してやりくりしたことなんかもあったなあ。

そういうわけで「通勤」。たかだか2,30分のことなのに実に大変。特に具合悪かったりすると。

そっか。別に風邪一つ引かない健康体になったわけじゃなかったんだな。
でも要は慣れです。来年はいろいろ楽しみもあるし、走ってみようかな。
このページも、来年もよろしくね。

年の瀬

引越し第二弾「寝床の移動」または「出戻り(こぶつき)」の準備を始めている。手で持てる程度の荷物を今日も運んできた。駅のエレベータに乗る時に同乗した若い人がこちらのキャスターが全部乗り切っていないうちにドアを閉め、ほんの僅か荷物にかすった。聞こえるように舌打ち。我ながらしっかりやな奴になってる。この1年くらいで同じような舌打ちを何度やったかな。気持ちがささくれ立っている。「弱い人」とか「強い人」などというものはそもそもはなく、「弱くなる時」「強くなれる時」があるだけなのだとよくわかる。