寝床どこ

たまに寝床を作って眠るのでは駄目なのかな。期待したよりもすっきりしない。くらくらしてきたら床にごろんと10〜30分。数時間してまたくらっときたらソファーに同じくらいの時間ころん。繰り返しを足し算すると多分1日2、3時間は寝ている筈なんだ。
寝床を作った時には5時間くらいはまとめて寝るのだけれども、今回は気持ちのいい睡眠をとることができなかった。

たいていの生物は寝ないと体調維持が厳しくなると知っているし、忙しさ自慢をしたいわけではなく(忙しさ自慢というのは“寝る暇もないくらい忙しい”=“収入が増えたり展望が持てたり、それによって充実したり”ということを言いたいわけでしょ?)、そうしなければならない野の狭間にハマってしまったので仕方が無いという状態。

眠るの大好き。昔々は放っておけばいつまでも寝ている子供だと言われていたし。3日くらいごろごろ〃したいなあ。 read more

前から気になっていたアイリッシュウイスキーTullamore Dewを手に入れ飲んでみた。Laphroaigが大好きな者からしてみれば第一印象としては意外に癖が無く逆に少し物足りない感じも無いではないなあ、と。
でも味はまとまっていて若干後を引く舌触りが良く、じわりと体に沁みて行く感触も悪くない。
何か料理と合わせるのも良さそうだ。一本飲み切る頃にはまた違った感想を持つことになると思う。

シリアの風

先週、半年くらい前にシリアを旅行して来たという友達に久しぶりに会った。若い頃は毎日のようにつるんでいたし、今でも電話ではよく連絡を取り合うのだけれども、会うのはほんとに久しぶり。積もる話もし、食事をして楽しく過ごした。その時シリア土産ということで頂いたのがARAK HADDADというお酒。なんとなく酒は割って飲みたくはないので、帰ってから一口そのまま飲んでみた50°のスピリッツは、かなり効いた。香りもちょっときつい。その後美味しい飲み方をネットで検索したりしていたのだけれども、どうやら普通に水割りが良いみたい。このお酒、水などで割ると透明から白に色が変わる。濁ったと言うよりは薄いカルピスみたいな感じの色。こうすると全てが緩和される。香りも楽しめるくらいにほどよくなる。「ライオンのミルク」と呼んでいる地域もあるそうだ。スパイス・香草たっぷりの料理に合いそう。
それにしても彼女、この夏は中国旅行をしてきたとのこと。相変わらずの飛びっぷりに感心しきりなのだった。