負けない心

引越を重ねて行くうちに、次に動き易いようにとどんどん身軽になって来ていた。この数回は赤帽さんのトラックか、友だちが出してくれたワゴン車一台で済んでしまうくらいに。今回の引越では少しだけ家具を買った。今後へのちょっとした決意なのか、単に年齢的なものなのかは分からないけれども次があるとしたら1t車以上じゃないとだめかな(笑)。
read more

吉祥寺へ

3月下旬並みとのこと、寒いくらいの金曜日の夕暮れに吉祥寺へ。映画「タカダワタル的」が最終日だった。
前日の段階では、この忙しさでは絶対無理。結局フォークルのコンサートみたいに見に行けなかったなあ。と頭の中では片付けていたのだけれども、徹夜仕事の朝方、わけもなくやっぱり行きたい。何とか行けないか、という気持ちになった。
read more

青木カナ ライブ

Primeiro.jpg8月6日 Blue Jay Way
MasterCardのCMに採用されて、去年の年末に流れていたのを聞いた「帰ろうかな」。すごく暖かい曲だなと思った。一時期「シチューか何かのCMだったっけ」と勘違いしていたくらい。タイトルも何もわからなくて、歌詞でGoogleしてみたりした。歌っているのが青木カナさんという人だと判って、アマゾンやHMVをあたってみたけれど、その頃Discは検索にすら引っかからなかったんだ。
なんとかオフィシャルページは見つけていたので、思いあまってメールを出した。
嬉しいメールが本人、ブラジル在住のカナさんから帰ってきた。これから日本版のシングルCDが発売されること、夏には帰国してライブを開くということ、など。
CDを聴きながら何日も待っていたライブはあっという間の楽しい時間だった。感じが良くて涼しげな雰囲気のライブハウスもよかった。ぼくはきっと民謡とかフォークとか、所謂ワールドミュージックって括られるレコード棚にある音楽がやっぱり好きなんだな(カナさんは北東ブラジルの音楽に引かれ、その地に住んで音楽を作り歌っています)。それはつまり、人の声の質のことなのだと思った。カナさんが歌う「帰ろうかな」のなかの「とおい 海の 向こうに」というフレーズがとても好き。目の前に静かな海の景色が広がって、しおさいが聞こえる。
※写真は7月に発売されたアルバム『プリメイロ』

ECHOES One Night Stand〔日本武道館〕

さて、「ロックコンサート」を見たことがあったかどうか思い出している。

ストレートなロックンロール。ひねくれものの僕が聞くのはあるジャンルで括れないようなものばかりだ。そうだストーンズの来日公演を見たっけ。でもあれは…。

read more