デザイン

風に
庭に
奪われる
(感覚)
アイデアとデザイン
その風に
その庭に
奪い奪われる(感覚)らせん
汗も血も水も爪も肉も
目から指から

蒼白

子供が泣いている
塊を吐き出すように
その塊のなかの蒼白
吐き出す行為の蒼白
蒼白のなか
うごいている

アクセラレ

Antithesis
愚鈍を怖れるな
ここにある、空の背骨。
背骨の空。
空を指しモザイクのカンバスをひろげる
fairground
我がなすことは我のみぞ知る
抜けのいいデザイン
アクセラレ
蒼白にある
「すとん」
創造と想像が手を結ぶ時
理想のフォルムと実際のこの手がつながる時
先を行き
向こうの丘の酔うほどのしろい風の中から手を振るヒトに
なってみる
ここにいて脊髄の深い闇にすとんと落とすヒトに
なってみる
何人もいる
ここだけでなく
動きのなかの蒼白
動きを定着する