禁止事項13番

確かに全てを少しずつ自分のものにしようとするのは
水平な机の上にミルクをこぼすようなもので、
だらだらと取り留めなく方向も定めず
間を見るなどといって諦めず
石を通すような集中力をしてという方法論から離れに
離れてここ
禁止事項を置くという考え
岸のこちらと向こうに辺をおく
みずはどちらかに流れ出すだろう。
そこに足を浸してみよう
いくつもの向こう岸、いくつものこちらの岸辺