かたち

書家が字を書くときのように
歌うたいがうたを発するように
字にはもとのかたちがあり、
歌には楽譜というテキストがある
それでもそれらは震えながらこの世界にあらわれるのだ

何時の頃からか
世界で初めての、誰も見たことのないフォルムを
美を、感動を拵えたいと考えてはじめていた。
果たしてそれは意味のあることだったのか。
そういう物ができたとして、それは驚きではある
かも知れないが、真直ぐひろく響くか。
ぼくが立ち、誰かも立っていたはずの庭に吹く風
を描こうと思ったんだろう?誰もがジブンの懐から
取り出して見ることができるもの、そのきっかけ
を。虫を描くのが好きだった。壜や撓んだ布を
描くことに夢中になった。世界中の大半の人が
できることをそれと同じことを少しだけより響く
ように描けた。

0 何が何やら

上手に絵を描けます。何時から
デザインはわからない。何が何やら
チャンネルが一つあるにはある
結局あの、庭を丘を目指すしかないのか?
それでいいのか。ともあれそういうやり方しかできないし、そうしていたことは確か
プレッシャーの多さは引き出しの数と同じ 
要は見えているかどうか
真っ白
0では、どう?
そこから、どう?

しろいかみをひろげる
ぼくのきもち

あの毎日が箍をゆるませて
ついに外れてしまったんだろう

もう一度箍を締めたいと思うか
どうすれば締められるのか

箍の外れた桶をどうすればいいのか
またいちからつくるのか
いまある桶をなおすのか