野球は負け

北京五輪にて、日本代表は韓国代表に完敗。受けに回って硬くなり泡を食ったような野球をしていたら伸び伸びやってくる相手に勝てる訳がない。実際前半リードしていても勝てそうな気分にはなれなかった。
ソフトに続いて金メダルをともちろん応援していたけれども、この際次も負けてメダル無しで帰ってきた方が今後の日本の野球界のためにはいいんじゃない?今回の監督や選手には日本に帰って何が足りなかったか、改善点はあるのかをきちんと伝えて行く義務がある。負け犬的な態度を取ったり知らんぷりしていてはいけない。責任がどうとか戦犯は誰かなんていうことはこの際どうでもいい。

国際時代の日本の野球のあり方はプロ野球はもちろん、それを中心としてもう全体的に見直すべきだ。これを機会に。鎖国的野球はもうたくさん。見下ろしていたつもりの相手はいつの間にか強くなり、黒船には未だにビビっている(MLBに乗り込んで行くような一部の秀でた選手を除いて)。でもチャレンジする立場の時はまだいいんだ。受け身になるとかなりきつい。

「ベースボール」ではなくて「野球」なんだっていう歴史や気概は大切だとは思うけれども、日本独自の環境の中で温々とやっていては駄目だろう。

国際球やストライクゾーン、マウンド等球場の仕様。そもそもリーグ戦の中の一戦一戦の中でどれだけ真剣勝負しているだろう。高給取りの(それは別に構わないと思う)プロ選手が淡々と自分の技を100%出せばいいというものではないでしょう。エンターテイメントでもあるし「勝負」でもあるのだから。観客はプラスアルファを求めているし、私自身日本のリーグ戦をあまり見なくなってMLBばかり見ているのもそんなところに理由があるのだと思う。

レベルがどうとか言う問題ではない。各カテゴリーにはそれなりの面白さがあるはずなんだ。イチローや松坂がいなくたって素晴らしい選手はたくさんいるし、彼らが毎日目の色を変えてやってくれれば面白くならないはずがない。毎日ねじが切れるほど巻ききってそれをダーって解くのが野球などプロと呼ばれる超人たちのすることなんじゃないの。淡々と安全圏内でネジ巻とネジ解きを繰り返すのならフツーの会社勤めのサラリーマンさんや公務員さんと同じじゃない。そこに大勢の人に夢を与える何かはあるのかい。サラリーマンはたとえば家族のために何十年も懸命に働くけれどもプロ野球の選手の働き方はそうじゃない。違って当たり前なのにサラリーマン的選手が増えてないか。労使交渉もいいけれどさ。

ところで“世界に開かれた野球”といえば、今大会って日本人の審判って参加していたのかな。それを検索していたら、野球の本質にも通じるすてきなブログ記事を見つけたのでURLをメモさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です