王手

田口が自分のポジションの役割を果たしてセントルイスも勝つ。
それはそれで嬉しいことには違いないのだけれども、ここのところしばらくのデトロイトの低迷っぷり、去年辺りからの手応えや選手のやる気、その一連を目の隅で見ていた野球ファンとしては複雑な部分もある。当然の事だけれどもメジャーには贔屓チームのボストンの他にも好きな選手はたくさんいる。バッジことデトロイトのイバン・ロドリゲス捕手もそのひとりだ。ニューヨークを粉砕したあの強さをもう一度見たいと思うのはちょっと贅沢かな。

パワー残ってる?

日米ともに決戦が始まり、やっぱ野球って面白いなと思う秋。
贔屓のチームが出ていないから逆に純粋に楽しめているような気もする。いや、負け惜しみでは決して無くて、さ。でも、ファイターズは割合好きなんだ。東京にいた頃は何度か球場へ行ったし。知り合いにファンやってる人もいたし。海の向こうはご存知田口がいて赤いチームをやっぱり応援しちゃう。
ごほごほ。風邪引いた。
布団の無い暮らしもそろそろ限界かも。
風雲急ではなくふううん窮してる、なんて。

赤いから

セントルイス、王手!
もちろん田口がいることと、それから単に赤いからってだけで応援しちゃ駄目かなあ。
勝ち上がればカージナルズ対タイガーズという古豪対決になるというのも楽しみ。

応援している

目が覚めるようなホームランだった。
セントルイスに田口壮あり。

贔屓のチームが残念な成績だった秋だけれども、やはりこの時期は野球好きにとってたまらない。日本に目を移すと、北海道の八木対福岡の斉藤の投げ合いも凄かったな。