超科学実験体 ゾンビロイド

本日の一本@日本未公開映画。

『超科学実験体 ゾンビロイド』
2015年の、カナダとイタリアの合作。
原題は、『Zombie Massacre 2: Reich of the Dead』。
ジャンルは、パニック・ホラー。
………………原題に、2、ってあるってことは、これ、続き物ってことなのかな。
尚、粗筋は、DVD売ってるトランスフォーマーさんの公式より転載。

第二次世界大戦末期。ドイツ軍の偵察に派遣された米兵のアダムスたちは、敵の奇襲により負傷し、逃げ場を失っていた。深い森を抜けた彼らは廃墟を発見、治療のために、中へ足を踏み入れる。不気味な雰囲気が漂うその廃墟には、人がいた形跡があるものの、物が散乱し、血まみれのベッドが無数に置かれていて、異常な様相を呈している。突然、何者かが彼らに襲いかかり、兵士たちは次々と無残な死体に変わってゆく。実はこの廃墟は、ヒトラーが設置した極秘の人体実験施設で、形勢逆転を狙うナチスの最終兵器として、世にも恐ろしい「ゾンビ兵団」が開発されていたのだ…。

B級映画界ではお約束ネタの一つ、ナチスもの。
「二次大戦中にナチスが変なモノ拵えたよ」ネタ。
ネタ的にはありふれているけど、指差して笑いたくなるくらいB級映画っぽい邦題だなー、と思い、満面の笑みと共に借りた。
でも、一言で言えば酷かった。
お笑い所も無いし、特筆すべき部分のあるゾンビでも無かったし。
ラストも酷かった。
夢オチなのか、それとも妄想系のバッドエンドなのか、はっきりしろ、はっきり、と言いたい。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です