ジュラシック・プロジェクト

本日の一本@日本未公開映画。

『ジュラシック・プロジェクト』
2014年の、イギリスの作品。
原題は、『The Expedition』。
ジャンルは、パニック。
レーベルも、DVD売ってるのも我等がアルバトロス。
粗筋は、あそこの公式から転載。

南米に広がるアマゾン熱帯雨林。
その大きさは570万平方kmにもわたり、
地球上の60%の生命体種を保持しているが、
科学的に解明されているのはたった30%である。
人類の想像を絶する現実が、そこにはある―。

大ヒットシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド」(製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ)が8月7日公開! 夏休みにぴったりの超ド級・恐竜パニックムービー!!

● STORY
製作プロデューサーのミシェルとカメラマンのジェームズは、アマゾン調査隊を取材するためにペルーに到着する。そして、大型捕食動物や霊長類を研究するハウソン教授率いる調査隊と合流し、さらにアマゾンの奥地へと向かう。しかし、道なき道を車で走る途中、突如巨大な“何か”と激突する。原因がわからぬまま、一行は故障した車中でひと晩を明かすことになるが、その渦中でガイドのカルロスが行方不明となってしまう。調査を優先する一行はさらに奥地へと向かうが、進めば進むほど辺り一帯には食い荒らされた動物の死骸が点在し、物々しい雰囲気を醸し出していた…。

確かに、このDVDは、去年の夏の、丁度『ジェラシック・ワールド』が公開された頃に発売された物なのだけれども。
だから何なんだ、とアルバトロスの公式に書いてある上記文章に、一先ず突っ込みを入れてみたい。

半月以上前に観たものなので、大分、諸々を忘れ始めて来ているけれども、やはり、「だから何なんだ」と突っ込みたい心境に陥ったのは記憶に鮮明。
ストーリ上致し方ないのだろうとは思うが、グダクダで、どうでもいいシーンも多くて、本題に至るまでに飽きて来る。
肝心の恐竜も迫力に欠ける小さいサイズのしか登場せず、ラストシーンに至っては、少なくとも私は、「お前がそれを言うか?」と言いたくなった。
……うん。一言で言えば、この手合いがお好きな方以外は観ない方が良い。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です