太陽光や風力発電費用の料金転嫁、検討に入る

 経済産業省が、太陽光や風力など新エネルギーによる発電でかかったコストを電気料金に転嫁する新料金制度の検討に入ることが28日明らかになった。

  日本の二酸化炭素(CO2)排出量の約3割は発電部門から出ており、経産省は、新エネルギー普及が、京都議定書で義務付けられているCO2排出量の1990年比6%減の達成に重要と考えており、政府として北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)で新エネルギー発電の普及の方策を説明する。

まだ、検討に入るという段階なのか、という印象。遅いなあ。遅いなりに一歩ずつでも進んでいるのが救い。

結局一言で言えば利権なんだろうけれども、普通の人間の暮らしからズレて外れた者からすれば、なんでそんなに金が欲しいのかわからない。
昨日も電話で友人に儲けを考えない仕事は仕事じゃない。自身の家族や社員の生活はどうなるんだって言われた(友人は経営側)のだけれども、そもそも仕事に関する考え方が違うのだから端から噛み合う訳がないんだよな。位相を一つか二つズレるにあたっては、それなりに犠牲にしたモノもある。それを差し出さないといけないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です