インデックス化

クリックしなければ何も始まらない。誰かのブログを訪ねた時に何かリンクが紹介されていれば、見るからに怪しそうなものでない限りはクリックしてみる。怪しそうでも気になるものだったら検査して(そういうことができるサイトがある)でもと逆に興味が増してくる。また本文以外にもサイドバーやら何やらに面白い仕掛けを仕込んでないかなとか、リンク集等があればそれもクリックしてみる。役立ちそうなリンクがあれば自然と反応するし、この面白い記事を書く人はどんな事に興味があってどんなところを見ているのだろうということにも興味が湧くから。

トップページというのはインデックスみたいなものだからコンパクトに判り易く多くの情報があると良いと考えてみる。ブログの「続きを読む」ボタンというのはそういう構成にするためのものだ。
ただ一クリックは一クリック。世の中には一回でもクリック数を少なくしたい、スクロールは決してしたくないという人たちが多数いることを知っている。トップページに降り立っただけでたいていのものは一覧できるようにするのか、それには限界があるからインデックス化して効率よくするのか。その辺がジレンマになる。

最初に書いたように少しでも興味を持って入って行く人はリンクのクリックにためらう事はあまりないだろう。でも誰でもグーグルの検索結果や知り合いのリンク集から、なんとなくどこかのページにアクセスしてしまうことってある。そこが意外にもその人にとって面白いページだったら良いのだけれども、そうでない場合は速攻で立ち去るよね。

そう考えると興味を持って入って行く人に対しても、うっかり入ってしまった人に対してもインデックス式の方が親切なのだろうと思う。クリック&スクロール拒否症候群の人たちはとりあえずパス。そういうわけで長い事「続きを読む」は使っていなかったのだけれども復活させてみる。

ここをどう人に読んでもらうかではなく、もっと一般的にあるいは仕事に役立てるためにそんな事を考えてみた。ここは相変わらず自分用実験ページ。でも一方ではこんな面白いものやリンクを見つけたという事を書いたりサイドバーに表示させたりしている訳で解析をみたりするとそういう需要もないではなく、それもインデックス化のきっかけのひとつでもあった。

2 Comments

    […] をクリックしてくださる方が増えた。どうしてこういう形にしてみようと思ったのかは少し前に書いた通りだけれども、そのきっかけはGoogle Analytics(アクセス解析)だった。レポートペー […]

    […] 〉をクリックしてくれる方が増えた。どうしてこういう形にしてみようと思ったのかは少し前に書いた通りだけれども、そのきっかけはGoogle Analytics(アクセス解析)だった。レポートペー […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です