WorldSeries2018

応援しているBoston Red Soxがワールドシリーズに駒を進め、初戦を取った。現在第二試合の序盤。今日も先制していい感じ。プライスも引き続き調子良さそうだし。

今年のリーグ戦は勝ち星を信じられないくらい積み上げて(全チーム最多。軽く100勝越え)数字の上では余裕で上がってきたように見えるが、内情は他のチーム同様かそれ以上に難しい問題もあった。主力のペドロイアが故障から戻れそうで結局最後まで戻れず、それに絡んでずっと4番を打っていたラミレスがシーズン序盤での退団となった。それにしてもラミレスとペドロイアのこれまでの因縁を知ると面白い〈wiki〉。他にもけが人とかブルペンのやりくりとか。クローザーのキンブレルも絶対的な力を見せつけられなくなってきた印象。

そんな状態からの補強がほとんどうまく行き、チームの結束も例年以上に固まったように見える。うまく行ったと言っても誰かが突出して活躍するような大成功とは違い綺麗に適材適所にはまった(JDマルティネスの活躍は流石の一言だったけれど、控えめな様子からか目立ちすぎることがないし、まるで10年くらいボストンに所属しているような気さえする)。その結果ファンから見ても不思議なチームが出来上がった。どこからでも点が取れる、誰かが失敗してもみんなで補う、まるで息抜きのようにあっさり負ける試合がたまにあり、勝ち試合でも圧勝というよりは最後に何となく勝っている試合が多かったような気がする。ガチガチな強力なチームというよりは一見どこが強いの?というような柔らかくて奥が深いイメージのチームになった。今年から指揮をとったアレックス・コーラの手腕によるところも大きい。

ちょうど今第二試合は逆転されて1点リードを許した。でもきっと最後には…と期待したい。

(追伸)しっかり勝利しました!これで2-0、地元での連勝は大きい。