遥かなるチベットのことを書こう

チベットの自然や人々のことは遠い昔、本かテレビで知ったのだと思う。すぐに深い親近感をおぼえた。近い国には割合似た顔の人たちがいるけれど、その中でもまるで自分たちが子供だった頃そのもののような子供たちや懐かしい顔のお年寄りやその辺にいそうな大人達がチベットというくににはいて、にこにこと笑っていた。その後も近しい存在として時々情報は届き、歴史についても漠然と知っている。でもチベットには行ったことがない。中国にすら行っていない。漠然としたまま書き始めてみる。

状況が悪化しているのはニュースの通り。何か書きたいと思った。でも会ったこともない人たち、行ったことのないくにについて何が書ける。多分、僕なんかよりも中国の政治の中枢にいる人たちの方がチベットについて何十倍も考えているだろう。それは利権とか資源というようなことだけではなく、当然人々のことも考えているはずなのだと思う。それなら、どうして?
市民という意味で自分と同じ立場の人たちや若者やおばあさんまでが中国の軍人に殴られ蹴られていた。殺された人もいた。そのような映像や情報は信用できるものだと判断した。怒りが湧き上がったけれど、許せないというよりも何かできることはないかと思った。

中国という国の経済力・軍事力と、中国の人の考え方、チベットの人の考え方、他の国々の反応、たとえば隣のインドの人の対応、利害関係を想う。日本はどうか。
中国が急激な発展をする中で、目をつぶって来たことや気にしてこなかったこと、欲をかいてしまったことがあるのだろう。他の国も経済とか産業なんてもののために一緒に目をつぶっていたのだろう。それで国としての遺憾、非難の声は挙げにくくなった。

まるで始まりを告げるように上海でBjörkが歌った様子をYouTubeで見た時には、単純にすごいなと思わず拳を握った。こういう事態になってあらためてそれを見るともっと違う感情がこみ上げる。Björkはよく聞く好きなアーティストの一人だけれども、そういうことを超えて。

朝露のほんのひと雫ですらないような無力感を感じている。多くの人はそうだろう。
それでも、遥かなるチベットのことを書こう。



リンク


チベット情報(幾つかのブログから)