ice cream castles in the sky

よろん小唄/ラッパ節

高田渡/金城恵子1998
ジャケットから先ずぐっとくるこのシングルCD(マキシ)について、何を言ったらいいのだろう。
「ブラザー軒」とともに1999年の渡ショックの中心になった曲でした。

よろん小唄(作者不詳)  
一銭五厘の葉書さえ 千里万里と旅をする
同じ琉球に住みながら 逢えぬ我が身の切なさよ
私が貴方に惚れたのは ちょうど十九の春でした
いまさら離縁と云うならば 元の十九にしておくれ
元の十九にするならば 流れる水に字を書くよ
明けて八月雪も降る 焼いた魚も泳ぎ出す
見捨て心があるならば 早くお知らせくださいね
恋に焦がれる蝉よりも 泣かぬ蛍が身を焦がす
主さん主さんと呼んだとて 主さんにゃ立派な方がある
いくら主さんと呼んだとて 一生添えない片思い
奥山住まいのうぐいすが 梅の小枝で昼寝して
春が来るような夢を見て ホケキョホケキョと鳴いてます
花も咲くような夢を見て ホケキョホケキョと鳴いてます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE