ice cream castles in the sky

清原選手

彼の決断を、ぼくは支持する。360度、大多数の人からあれだけ叩かれながらなぜ読売残留を決めたのか。

清原はジャイアンツのことを心から好きな最後の野球少年だったのかもしれない。ぼくでさえ子供の頃は野球イコールジャイアンツというくらい好きだった。そういう子供が多かった。清原はいまでもその気持ちを持ち続けているんじゃないかと思う。清原以降の選手たちにはそういう〈「巨人の星」的な〉プロ野球に憧れる純粋な気持ちみたいなものをあまり感じられなくなった。
何とかジャイアンツに入ることができた清原だったけれども、その頃もう巨人は「読売」という違う球団になってしまっていたという話はさておき、なかなか本来の力を出し切るには至らなかったと思う。来年はプロ野球人生最高の成績をあげたいと会見で話したのは本音だろう。大好きなジャイアンツに在籍している時間の中でそれを成し遂げたいのだと思う。どんな選手でも一流として存在できる時間はそれほど長くはないのだから。
もう一つはファンの声援があること。プロ選手たるもの、ファンのことを無視はできない。外野はどうあれ、球場に来てくれる一番近いファンが支えてくれているのだからそのことを真摯に受け止める。それは当然のことだ。
そう考えると故郷のチーム(阪神やバファローズ)に行ってもう一旗揚げるとか、古巣(西武)に帰れば指名代打制があるのだからもう一暴れできるんじゃないかなどということはごく小さな価値しかなく、清原は端から考えてはいなかったんじゃないかと思ったりする。
読売は嫌いだけれど、清原選手は割合好きだ。来年の発奮を大いに期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE