ice cream castles in the sky

野球中継考

ちょっと一服野球でも見ながら夕飯を食うかとテレビをつけるとアナウンサー曰く巨人を強くするにはどうしたらいいかとかなんとか、今日の中継はそういうテーマで放送するとか言いながら試合そっちのけで視聴者からのメールを読みはじめた。駄目だコリャ。チャンネルを変えた。

ちなみに読売対ヤクルトの試合で、放送は日本テレビ系列だった。ヤクルトファンの立場はどうなるの(ぼくはどちらのファンでもないけれども、そういう単なる野球好きの立場は?)すっぱり切り捨てですか。
去年からプロ野球の危機などという流れの中で思っていたことがある。そういうことになってしまった最大の原因のひとつは民放のテレビ局にあるのではないか。もう少し広く言えば局と特定チームの癒着構造などという話になるのだろうけれども、ここでは野球というスポーツ中継について思うことを。
何も考えずに巨人戦を垂れ流しておけば視聴率も稼げてスポンサーからもがっぽがっぽ。そんな美味しいことはない。それでも視聴率が下がりはじめた頃からかりそめの危機感はおぼえたのだろうね。対策を始めたようだ。オープニングにCG処理を施したりテーマ曲を付けたりした。試合中の情報などのインターフェイスはメジャーリーグの放送を真似たものになった。タレント的な解説者とショーアップを勘違いした絶叫型のアナウンサーを使った。どれもこれも付け焼き刃的なものだ。番組としてのまとまりはひとつもない。プロ野球の放送がつまらなくなって来たきっかけは日本でも普通にメジャーリーグの放送が見られるようになってきたことも大きいかもね。洗練された放送スタイル(トータルデザイン)と純粋に野球の面白さを引き出そうとする手法に目から鱗だった。
いつごろからかな。稼げるうちにみたいな姑息な印象があるのだけれども、球場にゲストとして俳優とかタレントを呼ぶようになったのは。局がその時期に売り出したい番組や映画の出演者だ。野球になんて興味の無い人はすぐに判るし、それを見せられるのは不愉快だ。
そういう勘違いの積み重ねが野球の試合を伝えるという本質をどんどん見失ってしまったんだと思う。NHKの放送がなぜ面白いかといえばそこで行われているゲームを、積み重ねて来たスポーツ中継のノウハウをちゃんと踏まえて伝えようとしているからだ。最近は悪い影響が及んでいるのか首を傾げたくなるような部分もまったくないわけではないけれども、本筋はやはりしっかりしている。プロクラスの選手が真剣に戦っている。これはずっと変わってはいないんだ。その選手個人個人の魅力や、野球という素晴らしいエンターテイメント性を秘めたゲームを、直球で伝えようとしてくれれば、それだけで面白く楽しめるはずなんだ。
放送局だけではない。ファンサービスをはき違えた球団経営者。人工芝、密閉式ドーム球場等々、みんなでよってたかって野球をつまらなくしてしまった。いや、つまらないような雰囲気をわざわざ作り出してしまった。子供だましのかぶり物キャラクターなんて不要。もし起用するなら、しっかり訓練したプロフェッショナルを使うべきだ。
去年から様々なことが少しずつ動き出していることは確かだし、期待したいと思っている。野球は好きだから。その昔、野球人気を支えていたのもまたテレビ中継だったということは踏まえた上で言ってみるなら、この際、民放での中継は一度一切止めてみたらどうだろうとさえ思う。要は「スポーツ中継」の基本をもう一度考え直して欲しいということ(関係ないけれども、バレーボール中継なんかもそうだよね。無駄な演出が多すぎる)。野球はNHKが年に数十試合、まんべんなく放送してくれれば良いよ。ラジオ放送は相変わらず面白いので無問題。他の試合についてはCS、有線、インターネット等に流して見たい人が見たいカードを見ればいいと思う。
ところで今日の試合は、4対3で読売が勝ったらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE