ice cream castles in the sky

ココロノアリカ

仏像を彫っていた人が「魂を込める」なんて言い方をしたそうな。それは何とも仰々しい印象があるけれども、要はココロを宿すような作業だったのだろう。
もともとココロはここにいた。右手のココロ、おちんちんのココロ、頭のココロ。怒りとか悲しみとか喜びとかにもそれぞれココロがいた。
遠く離れてしまってからどのくらい経ったのだろう。ただいま。おかえり。帰ってきたのですか?よくわからない。何かが変わるのかな。
今を動かしていくしか無いわけで、ココロが心に帰ってきたのなら、何かを動かそうとするだろう。
不在の間、荒れ果ててしまった我が家を眺めてみる。何から片付けていこうかね。そんな事すら思わなくても良くなったのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE