根来さん退任

プロ野球の実行委員会とオーナー会議が18日、東京都内のホテルであり、次期コミッショナーに前駐米大使の加藤良三氏(66)が就任することが正式に決まった。7月1日に就任し、任期は3年。根来泰周(やすちか)コミッショナー代行(75)は今月末で退任する。

根来さん、おつかれさまでした。ここでも何度か書いたけれども、04年のプロ野球再編問題〜ストや、去年の裏金問題と任期中かつてない問題が持ち上がった時期に根来さんがコミッショナーであったことは本当に幸運だったと思う。

例の合併〜再編問題の際に当時のコミッショナー権限を理由に踏み込んだ裁断ができなかった。これは当然のことで、それを無視して強く出ていたら日本のプロ野球は壊れてなくなっていただろう。その辺を指して一部のファンが心ないことを言った。その一部阿呆な連中はバカの一つ覚えで今でもそういう目で根来さんを見ているらしい。

思えば根来さんは就任当初から日本プロ野球の組織としての不備を指摘しておられた。根来さんの功績の中で大きな事柄は例の問題等を解決しながらセ・パ事務局の統合や、コミッショナー権限の強化への道筋を作られたことだ。

弁護士で僧侶の資格も持たれるという根来さんが、その時々に出来ることと出来ないことを明確に切り分け、そこに立ち揺るがない姿でいかに効果的な方策をとれるかに力を尽くされている様は素晴らしかった。

お疲れさまでした。これからは一阪神ファンに戻って、また野球をお楽しみください。

今度のコミッショナーもなかなか期待できそうな方だ。根来さんが用意してくれたレールをしっかり引き継いでさらに未来へ延ばして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です