五輪野球決勝戦

今決勝戦を見ている。緊迫した素晴らしい試合。野球ってやっぱり面白い!決勝戦…いい響きだなあ。野球は決勝で勝った1チームだけ特別な場所に立てるスポーツ。甲子園も長いリーグ戦もそう。元々野球に銅メダルはないんだ。そういう意味ではやっぱりオリンピックにはそぐわない競技なのかな。ソフトボールはその辺ちょっと違うし、スポーツとしてアリだと思う。

こうやって他国の試合を見ているとつくづく思うのは、日本だけ異質なチーム・雰囲気だったような気がすること。日本代表はいったい誰と戦っていたのだろう。少なくとも目の前の敵とではなかったような。

野球日本代表

監督というポジションについて思ったこと。
采配がどうとか選手選考がどうとかいう以前の事だったと思う。いずれにしてもそんなものは勝てば賞賛され、負ければこき下ろされるただそれだけのことだから。星野が監督に選ばれ彼が先頭に立って自分の野球を表現し易いような選手を選び戦いに臨んだということ。試合では良く知っている所謂星野野球をやっていたと思うよ。それで負けたのだから仕方がないと言えばそうなのだけれども。個人的に好きか嫌いかと言われれば、まああまり好きな方向の野球ではないかな。
選手に緊張を強いて力を出させる手法は萎縮させてしまうという逆効果もある。特にこういう舞台では。
それにしても星野って思った以上に柔軟性のない(良く言えば頑固な)人なのかな。野球以外ではそうでもないように見えるのだけれども。

気になったこともあった。準決の日本対韓国戦後の挨拶で韓国チームの選手・首脳陣ほとんどが星野にお辞儀をし帽子を取り礼を尽くしていた事。対して星野はふんぞり返ってこたえていた。ああ、これが駄目な原因の一つだなと思った象徴的な場面だった。

野球の日本代表監督で素晴らしかったのは長嶋さん。読売の監督だったときとは別人のような勝つ野球を見せてくれた。緻密で細かいところまで神経の行き届いた采配にあの天才的な野球勘が加わって野球を知っている者ほど見ていて唸ったはずだ。多分読売時代はイロイロな制約その他があったのだろう(それでもちゃんと優勝もしているけれどね)。道半ばでリタイアせざるをえなかったことがつくづく残念。引き継いだ人が最悪だっただけにより一層際立った。

代表監督として力を発揮できそうなのは、少なくとも状況に応じて臨機応変に戦術を変えられるような人じゃないかな。今回の五輪の韓国の監督なんて正にそういった意味でも素晴らしい監督だったと思う。

野球は負け

北京五輪にて、日本代表は韓国代表に完敗。受けに回って硬くなり泡を食ったような野球をしていたら伸び伸びやってくる相手に勝てる訳がない。実際前半リードしていても勝てそうな気分にはなれなかった。
ソフトに続いて金メダルをともちろん応援していたけれども、この際次も負けてメダル無しで帰ってきた方が今後の日本の野球界のためにはいいんじゃない?今回の監督や選手には日本に帰って何が足りなかったか、改善点はあるのかをきちんと伝えて行く義務がある。負け犬的な態度を取ったり知らんぷりしていてはいけない。責任がどうとか戦犯は誰かなんていうことはこの際どうでもいい。

国際時代の日本の野球のあり方はプロ野球はもちろん、それを中心としてもう全体的に見直すべきだ。これを機会に。鎖国的野球はもうたくさん。見下ろしていたつもりの相手はいつの間にか強くなり、黒船には未だにビビっている(MLBに乗り込んで行くような一部の秀でた選手を除いて)。でもチャレンジする立場の時はまだいいんだ。受け身になるとかなりきつい。

「ベースボール」ではなくて「野球」なんだっていう歴史や気概は大切だとは思うけれども、日本独自の環境の中で温々とやっていては駄目だろう。

国際球やストライクゾーン、マウンド等球場の仕様。そもそもリーグ戦の中の一戦一戦の中でどれだけ真剣勝負しているだろう。高給取りの(それは別に構わないと思う)プロ選手が淡々と自分の技を100%出せばいいというものではないでしょう。エンターテイメントでもあるし「勝負」でもあるのだから。観客はプラスアルファを求めているし、私自身日本のリーグ戦をあまり見なくなってMLBばかり見ているのもそんなところに理由があるのだと思う。

レベルがどうとか言う問題ではない。各カテゴリーにはそれなりの面白さがあるはずなんだ。イチローや松坂がいなくたって素晴らしい選手はたくさんいるし、彼らが毎日目の色を変えてやってくれれば面白くならないはずがない。毎日ねじが切れるほど巻ききってそれをダーって解くのが野球などプロと呼ばれる超人たちのすることなんじゃないの。淡々と安全圏内でネジ巻とネジ解きを繰り返すのならフツーの会社勤めのサラリーマンさんや公務員さんと同じじゃない。そこに大勢の人に夢を与える何かはあるのかい。サラリーマンはたとえば家族のために何十年も懸命に働くけれどもプロ野球の選手の働き方はそうじゃない。違って当たり前なのにサラリーマン的選手が増えてないか。労使交渉もいいけれどさ。

ところで“世界に開かれた野球”といえば、今大会って日本人の審判って参加していたのかな。それを検索していたら、野球の本質にも通じるすてきなブログ記事を見つけたのでURLをメモさせていただきます。

中日・中村紀「生涯初」の2番

夕べの広島-中日17回戦でのこと。『空想 WBC 2009』で書いていたことが現実になっちゃった。落合は分かっているなあ(笑)。これが本当にWBCで実現したらと思うとわくわくするんだが、やっぱりそれは空想かな。(これ軽く自慢したかっただけです。すんません)

中日・中村紀が「生涯初」という2番に起用された。長距離打者のイメージが強いが「バントがうまいからね」と自任するように、今季は既に10犠打を記録している。

根来さん退任

プロ野球の実行委員会とオーナー会議が18日、東京都内のホテルであり、次期コミッショナーに前駐米大使の加藤良三氏(66)が就任することが正式に決まった。7月1日に就任し、任期は3年。根来泰周(やすちか)コミッショナー代行(75)は今月末で退任する。

read more