WorldSeries2018

応援しているBoston Red Soxがワールドシリーズに駒を進め、初戦を取った。現在第二試合の序盤。今日も先制していい感じ。プライスも引き続き調子良さそうだし。

今年のリーグ戦は勝ち星を信じられないくらい積み上げて(全チーム最多。軽く100勝越え)数字の上では余裕で上がってきたように見えるが、内情は他のチーム同様かそれ以上に難しい問題もあった。主力のペドロイアが故障から戻れそうで結局最後まで戻れず、それに絡んでずっと4番を打っていたラミレスがシーズン序盤での退団となった。それにしてもラミレスとペドロイアのこれまでの因縁を知ると面白い〈wiki〉。他にもけが人とかブルペンのやりくりとか。クローザーのキンブレルも絶対的な力を見せつけられなくなってきた印象。

そんな状態からの補強がほとんどうまく行き、チームの結束も例年以上に固まったように見える。うまく行ったと言っても誰かが突出して活躍するような大成功とは違い綺麗に適材適所にはまった(JDマルティネスの活躍は流石の一言だったけれど、控えめな様子からか目立ちすぎることがないし、まるで10年くらいボストンに所属しているような気さえする)。その結果ファンから見ても不思議なチームが出来上がった。どこからでも点が取れる、誰かが失敗してもみんなで補う、まるで息抜きのようにあっさり負ける試合がたまにあり、勝ち試合でも圧勝というよりは最後に何となく勝っている試合が多かったような気がする。ガチガチな強力なチームというよりは一見どこが強いの?というような柔らかくて奥が深いイメージのチームになった。今年から指揮をとったアレックス・コーラの手腕によるところも大きい。

ちょうど今第二試合は逆転されて1点リードを許した。でもきっと最後には…と期待したい。

(追伸)しっかり勝利しました!これで2-0、地元での連勝は大きい。

プロ野球改革論(的ななにか)

今年もメジャーは変わらぬ激戦と心踊る面白さでした。それに比べて何とも味気なくなってしまった日本プロ野球。かつて大好きだった者として何か書いてみたいと思ったのです。
断片でもどこかに届くといいなあ、と。

札幌ドーム

札幌ドーム(公式サイトより)

自然芝球場の復活

野球は青空の下でやるもの。強い雨の日は休み。日本は雨が多いからと言うが、昔はドーム球場なんて無かった。札幌とか地域の特性的にどうしても必要な場所以外は(そういう場所にしても開閉式にするなどして自然芝は維持して欲しい)屋根無し自然芝に戻そう。ボールパークの復活だ。
高校野球の甲子園大会は今も変わらず炎天下でやっているじゃないか。僕も甲子園球場は日本一の野球場だと思う。グラウンドキーパーさんも含めて。
ドーム球場出来始めの頃の物珍しさはもう微塵も無い。屋根があって、スパイクの下はプラスチックの芝(一部の球場はアンツーカーまで土色の人工芝になっている!)とコンクリート。そんな球場での試合はどう考えたってつまらない。野球版ゲームじゃないんだからさっ。
ボールパークについてもう一言言わせてもらえれば、バックネット裏席のことをもっとちゃんと考えて欲しい。そこは誰もが認める野球観戦における一等席だ。日本のスタジアムの多くはそこを放送席やスタッフルームに使っている。馬鹿じゃないのか。甲子園と東京ドームはその辺は流石。メジャーの球場でその特等席を日本のような勿体ない使い方をしているところを見たことが無い。

フランチャイズ

昭和の高度成長期じゃないんだから、もっと文化的に成熟してもいいのではないか。フランチャイズの確立、それに伴いチーム名やユニフォームから企業名は外すことを義務づける。宣伝・広告したいのならもっと違う方法を考えたらいい。球場名のネーミングライツでもいいし。球場の帯ビジョンやフェンスの広告をもっと有効的に使ったらいい。
今時、宣伝したいが為にプロ野球チームのユニフォームの胸に企業名を縫い付けるなんて下品だしみっともないと思わないのかな。実は○○(例えば福岡)のオーナーはあの■■(ソフトバンク)なんだよっていう方が格好良くないかい?実業家間では当然それは前提のバリューとして国内外に知れ渡る訳だし。

チーム名・ユニフォーム

  • 北海道ファイターズ
  • 東北イーグルス
  • 新潟スワローズ
  • 東京ライオンズ
  • 東京巨人軍(ジャイアンツ)
  • 神奈川ベアーズ
  • 静岡ホエールズ
  • 名古屋ドラゴンズ
  • 阪神タイガーズ
  • 大阪バファローズ
  • 広島カープ
  • 福岡ホークス

もうね、いいからこれで行って(笑)。
フランチャイズをしっかり確立した後、それぞれの伝統と野球の本質を考えて余程のことが無い限り変更することが無いようなデザインのユニフォームを仕立て、選手は堂々と身に纏って欲しい。ビジターユニフォームはグレー基調で派手すぎず、白パンはダメ絶対。

少し前から新しくなった代表ユニフォームはとても良い。
公式ページより 嶋選手:イーグルス)

鳴り物、応援団

応援団は悪いけれど一旦解散してくれないかな。同時に鳴り物は消えてもらう。一般の人だけでなく、純粋に野球を楽しみたいファンをそれらがムラ社会のように拒絶していることに気付いて欲しい。球界のトップが大号令かけなさい。

放送・WEBサイト

次の組織の話にも通じるけれど、良い部分は見習うということでMLBのように放送権料のことなどビジネス全般はトップでまとめるべき。もうジャイアンツ一辺倒は終わっている。以前のペナントやシリーズは確かにジャイアンツの躍進で盛り上がった時もあったが、もう「その次」を考えなければ将来は無い。
中継アナは淡々と「スポーツ中継」をしてほしい。野球はそのゲーム自体が最高に面白いのだから。無駄な情緒的エピソードはいらない。データや記録に基づいたものならウエルカムだ。下手な解説者もいらないかもしれない。
注目の若手打者と相対した投手が少年時代にも戦っていてその時の結果データはどうだったかなんていうのは美味しい。うわっ面だけ(相対していたという部分のみ)話して結果を言わないのは最悪だ。野球ファンはデータが大好物なのだ。全てのデータの整理・集積化は急務。最近はNHKの中継でさえ若干民放的な手法に犯されつつあるが、やはりまだ基本の違いを感じさせてくれる。
たとえばMLBのようなチーム付きの名物アナやゲストの和気あいあいでありつつ、きちんと野球そのものを伝える放送は見習いたい。
MLB.COMのようなサイトの構築も絶対的に必要。予算と権限をくれれば僕が作るぜ(笑)。試合中即座に全てのデータが更新されるMLB、そのボリュームは本当にすごい。全球団のグラフィカルな速報をはじめ、写真やハイライト映像はフリーで誰でも見ることができ、野球そのものを心から楽しめる。日本のてんでバラバラの「ホヲムペイジ」とは雲泥の差だ。加えてMLB.TVは1年1万円で全試合生中継(及び全アーカイブ)が見られる。アジアリーグ(次項に書く)は年間5千円で全試合見られるようにするべきだ。

組織・アジアリーグ

NPBは発展的解消。先ずは韓国を巻き込みアジアリーグの基礎を作ろう。日本12チーム、韓国4チームによる16チームのリーグ戦は二つのリーグとそれぞれの東西で4ディビジョンに分ける。リーグチャンピオンシップを経てアジアシリーズでアジア王者を決する。
将来的には韓国からあと2チーム、台湾から2チームを加え20チームによるリーグ戦〜アジアチャンピオンの決定へと発展。
選手は参加3国については制限無く平らに移籍や交流を行う。MLBからの「助っ人」の制限も特に必要無いだろう。アジアには素晴らしい選手がたくさんいるのだから。MLBとはドラフトや移籍のルールづくりをアジア野球連盟として対等に交渉すればよい。
野球人口がどうとか他のスポーツ(特にサッカー)から比べてどうとかいう人がいるが、選手については心配していない。「野球は面白い」ゲームで「日本人は根っから野球好き」なのだから。ドラマははじめから内包されている。選手は楽しく懸命に最高のプロの技を見せてくれればそれでいい。問題は組織やマスコミの方にある。
他のスポーツと比べて貶す人って面白いね。特に一部のサッカーファンもどき(本当のサッカーファン、スポーツファンはそんなことはしない)。どんなスポーツも面白いし応援するってことでいいんじゃないの?呑気にさ。まあ、インターネットの片隅の単なる憂さ晴らしなのかもしれないけれども。何事にも先ず貶すことや排除するところから入るっていうのはここ数年の日本の中でのキャンキャン声の大きい連中に良く似ている。

その他

アジアリーグ化してチーム数が増えれば解決することではあるけれど、とりあえずそれまでの事としても現在のリーグ戦の仕組、そもそもの組織の有り様はもう一度考えた方がいい。取って付けたようなクライマックスシリーズはどう考えても据わりが悪い。リーグ優勝決定戦をやりたいのなら、両リーグそれぞれ東西3チームずつに分けて東一位対西一位にした方が余程すっきりする。たとえある年のリーグ戦が上位3チームが西、下位3チームが全て東という結果になったとしても。
それから、引き分け制は廃止。決着がつくまでやらなきゃ駄目。

自分はMLB一辺倒のこの頃だけれど、子供の頃みたいにもう一度プロ野球にも夢中になってみたいのだ。

補足

これを書いたのは2年近く前だったのだけれど、今読み直して補足したいことも出てきました。

ドーム球場については興行と考えれば日程調整上致し方ないのかなと。でもそれなら開閉式一択でしょう。予算は何とかしてよ。自然芝に戻すことは絶対条件。譲れない。

チーム名案は再考した。まあ、この辺は妄想というか趣味の領域ということで。
または、チーム増加案によって千葉か神奈川に新チームを作ってもいい。その場合もう一チームは九州か四国の新球団かな。

アジアリーグのことはここのところ国同士の問題があり、ちょっと考ええさせられる。MLBのアメリカとカナダのようには行かないのかな。元の文中にも書いたけれど、野球好きが呑気に観戦できればそれでいいと思うのだが。
選手の行き来はずっと変わらずあるのだし、野球界だけでも仲良くできないものか。韓国の強豪チームとのペナント終盤の大一番なんてあれば白熱を通り越して両国で盛り上がると思う。
どうしても難しければ国内だけで16でもいい。それはやればできると思うんだ。メジャーがチーム数を増やしたときにも大反対があったようだけれど結局成功しているじゃないか。

日本野球の頂点たるプロ野球が面白くないと野球界全体がつまらなく感じられてくる。日ハムの大谷はじめ、楽しみな選手はたくさん出てきているのに、もったいない。
兎にも角にも、何とかしてちょ。

来季は「横浜ベイスターズ」。モバゲーは再来年?

元地元の横浜球団には期待もしているしこうあってほしいという願いもある。MLBに目が行ってしまってからはさほどでもないのだけれど、まあファンと言ってもいいかもしれない。優勝した試合も見に行ったし。

よくわからん会社に買収されそうになっているわけだけれども(ゲーム方面に全く興味がないので余計そう思う)、どこであろうと長期安定的に経営してくれて強いチームを作る手助けをしてくれれば基本的にはOK。

今詰めているのはチーム名なのだそうで、オーナーが変わっても基本的に名称は変えず、企業名や個人名を入れることはない(そんな恥知らずなことはしない)MLBとは全く違う文化なのが分かる。スポンサーになるということとオーナーになるということをはき違えているか混同しているかのどちらかなのだろうな。

ともあれ横浜のことを言えば個人的にはベイスターズという名前はずっとピンと来なかったので変えてもらっても構わない。これからずっと使える「神奈川の」チームとして象徴的な名前にしてもらえないかな。(ホエールズは物心ついた頃からあったのでしっくり馴染んではいたけれども考えてみれば神奈川のチームの名前としてはどうかというのはあった。鯨のキャラクターは好きだけれどさ)
その上で社名を加えようがどうしようが好きにやってくれたらいいんじゃない?

横浜ベイスターズの球団売却で、ディー・エヌ・エー(DeNA)による買収が成立した場合、来季の球団名称は今季までと同様の「横浜ベイスターズ」でスタートすることが1日、濃厚となった。

引用元: 中日スポーツ:来季は「横浜ベイスターズ」 モバゲーは再来年:プロ野球(CHUNICHI Web).

シーズン終えて

ワールドシリーズ(なんと)MVPの松井秀喜を選手の先頭に立てたパレードが目に焼き付いたのは、それは野球のふるさとではテレビの視聴率がどうとかいうことは置いておいて、1年頑張って優勝したチームを熱狂的に迎えるという基本的な愛され方が当たり前のように定着している風景を見たからだった。
敵チームではあるけれども、ヤンキースとニューヨークの街は本当に絵になる。その絵は嫌いじゃない。

今まで野球関連について書くことが割合多かったのだけれども、今年のシーズン中はひとつも書かなかった。仕事やら何やらとの兼ね合いもあるにはあったが、思えば我らがレッドソックスはシーズン前のチーム編成が今ひとつ満足のいくものではなく、シーズンに入っても故障者が続出。そんな戦力で前半は対NY戦に連勝するなど飛ばしに飛ばした。でも絶対的な強いチームの勝ち方ではなく、ファンからしてみたらどこまで続くのだろうと思っていたし、故障者が戻り不調の選手が調子を取り戻したら本物になるかもと期待もしながら見ていた。

そうこうするうちに他のチームがそれぞれチームとしての体制を整え重厚で盤石なチームへと変貌する後半になると、徐々に形勢は不利に傾いて行ってしまったんだ。我がチームは前半の無理や補強のちぐはぐさによって何だかぎくしゃくしてきてしまい、それは監督の采配にも現れてきたような気がする。あの素晴らしいフランコナでも御しきれなかったのだから、チームは傍目から見るよりも大変な状態だったのではないか。

それでもワイルドカードを獲得してポストシーズンに駒を進めたのはたいしたものだった。でもそこまでだったな。今シーズンは強かった04〜07体制を新しく塗り替えるためのしんどいシーズンだったのだと思う。勝つにしても負けるにしてもすっきりしない試合が多かった。

何だかすっきりしないのでなかなかここにも書けなかったんだと言えば、長い言い訳をしているようだけれども実際そういうことはあったと思う。日本のプロ野球については、横浜のていたらくはもとより、野球界全体への不満が溜まるだけの年だったな。そのことは冬の間に少し書きたいと思っているけれど(ストレス発散)。

せめてもの救いはワールドシリーズにフィラデルフィアが出てきてくれたことだった。大好きな田口はもういないけれども、あそこの本拠地シチズンズ・バンク・パークは数ある球場の中でも1、2を争う好きな球場で、そこで最高峰の試合を見られたことは良かった。

来年は公私ともに落ち着いてもっと頻繁にぐだぐだ書き込めるよう、ボストンも僕も体制を立て直さなければとそんな風に贔屓のチームに投影して思う。

2009 WBC

(特に日本の)野球については書きたいことがありすぎる。ただ書いている時間が今はあまりないので溜まりに溜まって逆にメモリ消去ということになってしまったりする。
いや、少しずつ書いて行けばいいだけなのだから、無精なだけなのだろう。正確に言えば無精の波が来ている。書くときはあることないこと毎日だらだら書くのだから。

手近なところからと言えば今はWBC。
MLB.TVで昨日のヤンキースのオープン戦を見ながら書いているのだけれども、 read more