あ、新年

今年は元日から外仕事が入っていて、個人的には碌に正月らしいこともせず1週間が過ぎてしまった。餅さえ食えなかったことが何だかものすごく心に引っかかり、7日にスーパーで七草粥の素材を買ってきて他に手持ちを少々とこの日のために取り寄せた餅で雑煮をこしらえた。

寄せ集めの材料

個人的にはと書いたのは年末は実家で(自分なりに)ちゃんと正月支度をしたし、いくつかの手はずも整えて戻ってきたのだから年末感、年始感が全くなかったわけではない。ただ去年まではそれに加えて父のために年越しそばと雑煮を頑張って作っていたわけで、父が施設での年越しとなったことで幾らか楽にはなったのだが何やら味気なく、そんな気持ちも雑煮ロスの残念感に拍車をかけていたのだ。

七草雑煮はかなり高得点の出来だったと思う(自分比)。

七草用の素材七草雑煮

ところで久しぶりにここに書いてみたら、去年は夏に一度アップしただけだったんだな。今年はすでに去年越え。幸先良いではないか。

鍋を買う

ここに越してきてすぐに買ったはずだから5年と少し。フッ素コーティング(だと思う)がかなりハゲてきてしまった鍋を新調しようとAmazonでポチった。

なぜ鍋なのにコーティングしてあるかというと炒め物から何からこれ一つで済ませようという目的で探したから。今度買ったのも同じ系統だけれどコーティングにマーブル加工というナニが施されているらしく、金属ヘラを使ってもハゲにくいのだとか。

自炊は日常的に行えるようにいかに楽にできるかが大事なので効率第一。次に楽しさ。失敗を恐れずに(食うのは自分だから)果敢に実験的なブッコミをする。味は、案外悪くないと思っているがレパートリーは圧倒的に少ない。

今まで使っていた鍋のコーティングの幾らかは微量とはいえ5年かけて食ってしまったわけだけれど、まあいいか。今更そんなことを気にしても仕方がない。そういえば食品添加物やらタバコの煙やらやたら毛嫌いする人がいるが、もっと他に気にした方が良いことはたくさんあると思うんだ。

今年の暑さは堪える | 都知事選と天皇生前退位報道

都知事選の「無候補者」状態の混乱の中、立候補した増田元総務相が前後左右から砲撃を受けている様子や鳥越さんの駄面子揃い踏み演説とか

きのう14日(2016年7月)に東京都知事選が告示された。3日前に立候補を決め準備不足の鳥越俊太郎だったが、新宿駅南口には各野党幹部が顔を揃え、動員の聴衆も青いプラカード「みんなに都政を取り戻す」を振る。菅直人元首相、海江田万里元経産相、SEALsの奥田愛基氏らも駆けつけた。

情報源: 演説でわかる「都知事選候補者」資質と能力!しゃべっていないとき何してるか : J-CASTテレビウォッチ

一方で、天皇生前退位かという報道についてはピントの定まらない下衆の勘繰りが同じ方角から出たり

NHKによれば情報の出所は政府関係者ということ。そうなると安倍首相などの改憲派が、自分たちの「憲法改正の意図」の為に利用したという筋書きは考えられます。

情報源: 天皇生前退位が政治利用で違憲!黒幕とリーク元の真実真相 | EMOlabo

実は、宮内庁関係者の間では、今回の「生前退位の意志」報道が、安倍政権の改憲の動きに対し、天皇が身を賭して抵抗の姿勢を示したのではないか、という見方が広がっている。

情報源: 明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった!|LITERA/リテラ

(それにしてもリテラの最悪メディアっぷりは安定感ある)

みなさん暑さにヤられちゃったのかしらん。

iPhoneにも装着可能な望遠鏡『スマホ天体望遠鏡PANDA』

全国の天文好きの皆様、早起きお疲れ様です。何せ、2015年12月といえば、明け方に金星・木星・火星が出ているだけでなく、カタリナ彗星が太陽から地球へ接近するという非常にエキサイティングな状況。なお私もこれらを見るべく日々午前4時起きをしてしまい、そろそろ仕事に支障をきたしそうな勢いでして。大人としてどうかと自

情報源: iPhoneにも装着可能な望遠鏡『スマホ天体望遠鏡PANDA』、どこまで星を見られるのか試してみました – Engadget Japanese

子供の頃望遠鏡を作ったっけ。レンズキットで鏡筒なんかは設計図通りに厚紙で作ったのではなかったかな。内側を黒く塗ったりして。よく見えたし随分長いこと家にあったけれどもそのうち厚紙が劣化して仕方なく分解し、レンズだけ取り出して、えぇとその後はわからない。あのレンズどこに行った。

このPANDAもスマホ連携には工夫が必要そうだけれど、何より記事を読んでいるだけであの頃の気分を思い出しちゃったので物欲。