ice cream castles in the sky

宝くじとか、そんな類いのもの

忙しい年末年始が過ぎて、いやまだ忙しいのは継続中なのだけれども、どれがどれほどの「実」を結ぶのかは未確定なのでただただ忙しかっただけで終わる可能性もないではない。そんなことはこの仕事は毎度の事なので置いておいてともあれ金欠。去年のあーだこーだとか何とかかんとかを言っても仕方がないけれども、さあ新しいスタートと意気込んだ去年の始めからすれば、その通り「はじめに戻る」状況を引っ被らせてくれた神様だか何だか知らないけれども、たいしたものだなあと感心しきり。
そういう去年辺りから宝くじなんてものをちょろっと買い始めた。もともとそちら方面の運はとんと無く、買うだけ無駄なのは分かっていたのだが藁をつかむ気持ちくらいにはなっていたということ。でもやはり藁は藁。なにがしかの自分の力が反映されない(ような気がする)という部分もあまり好きではない所ではある。だから幾らかでも操作できるということでロト6を買ったのだ。でもね、ここのところ抽選日になると気持ちの半分くらい「当たっちまわないでくれ」と思っていた。もし当選したら…ということは誰でも考えることでしょう。今までは当選したらとりあえず重い荷を降ろして、あちらこちら平らにしてとか、それで余ったら何を買ってどこへ行って等々割合ありきたりな事を想像してはよだれを垂らしていたんだ。さらにその後ってのも考えてみた。さて、そんな棚ぼたを手に入れて平穏なんてものを手に入れたとして、何が面白いだろう?そう思ったら一気に覚めちゃった。ミソッカスは嫌い。棚ぼたなんかこっちから願い下げ(モノによるけれども(笑))。強がりかもしれないけれども、今までそんな風にやってきたんじゃないの?いや特に意識すること無く、淡々と(良くも悪くも)ただそういう性格のヒトだったのだと思う。だって、単にゲームとして考えたらこの段階から大逆転するから面白いんじゃない。棚ぼたもらって周りからミソッカスな目でみられて「上がり」に辿り着いてもなーんもオモロ無い。…でも要はそんな風な立派な理由をつけてほんの週数百円の出費も抑えたいと言うことなのかもね。何が何やら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE