ice cream castles in the sky

月桃

海が目に浮かぶような歌が好き。
五月から六月、うりずんと呼ばれる過ごし易いこの季節に咲き始めるのが月桃の花だそうです。
月桃ゆれて 花咲けば
夏のたよりは南風
緑はもえる うりずんの ふるさとの夏
月桃白い 花のかんざし
村のはずれの石垣に
手にとる人も今はいない ふるさとの夏
摩文仁の丘の 祈りの歌に
夏の真昼は青い空
誓いの言葉 今もあらたな ふるさとの夏
海はまぶしい 喜屋武の岬に
寄せくる波は 変わらねど
変わる果てない 浮世の情 ふるさとの夏
六月二十三日 待たず
月桃の花 散りました
長い長い煙たなびく ふるさとの夏
香れよ香れ 月桃の花
永遠に咲く身の花ごころ
変わらぬ命 変わらぬ心 ふるさとの夏
作詞・作曲:海勢頭豊
うた:朝霧舞
(写真:photolibrary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE