ice cream castles in the sky

おめでとう、レスター

ボストンの先発左腕ジョン・レスターが快挙!

レスターが最後の打者を空振り三振に仕留めると、バリテックがレスターを抱き上げ、選手たちが駆け寄ってきた。昨季のワールドシリーズ制覇を思わせるお祭り騒ぎが終わると、フランコナ監督が偉業を達成した左腕を抱き締めた。レスターが客席に向かって帽子を上げたとき、ファンの盛り上がりは頂点に達した。
昨季はがんを乗り越え、世界一を決めたワールドシリーズ最終戦にも先発したレスター。メジャー3年目にしてベテラン並みの体験をしてきた24歳も、「永遠に忘れられない出来事だ。特にファンが素晴らしかった。私が(本拠地で)投げた中では、1、2を争う大歓声だった」と感激していた。 from Major.jp

ボストンのローテーションは皆個性的で大好きなのだが、サウスポーというだけでポイントが上がっちゃうところもあり、生でMLB.TVを見ながら仕事を忘れて興奮してしまった。その経歴も話題をよりドラマチックに見せてくれる。しかしレスターの持ち味は淡々とした投球。この日もキャッチャーでキャプテンのバリテックが「7回が終わるまで、ノーヒッターに気付かなかった。球数が100くらいだったからブルペンをちらりと見たら、誰も準備していないのでおかしいと思った」と言っているくらい。この淡々と仕事をこなす、もの静かで職人的なところがまたいいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

MoMA STORE