テシェイラはニューヨークへ

エンゼルスの主砲だったマーク・テシェイラ一塁手とレッドソックスとの合意が間近だというニュースが流れている。例によってちゃんと決まるまでは何が起こるか分からないMLBだけれども(数日前には獲得断念というニュースもあった)、もしうまくまとまればとても嬉しい。

長打力があり打点を稼げる堅実なスラッガー。敵として見るととても手強い印象があるスイッチヒッターだった。でも彼が来たら同じポジションのユーキリスはどうなるんだろう。

Decision day could be right around the corner for Mark Teixeira, according to a Major League source familiar with the negotiations. The source anticipates the free-agent first baseman's highly anticipated announcement within the next few days.

引用元: Teixeira’s decision could come soon – redsox.com.

《10時間後…》

嘘だろ。

天国から地獄。

これだからアノ球団は…。

今オフのフリーエージェント(FA)市場で注目されていた大砲マーク・テシェイラ一塁手(エンゼルス)について、ニューヨーク・ヤンキースが、8年総額1億8000万ドル(約163億円)で合意した。複数の関係者の話で明らかになった。

引用元: ヤンキース、大砲テシェイラと8年契約へ – MAJOR.JP.

年の瀬雑観

ボストンの来年のユニフォームの画像をドンと載せて、これで今年はお仕舞いでもいいやと思っていたんだけれども、年末進行の合間を見てちょろりと。

ユニフォームと言えば日本でも2チームからリニューアルが発表されていた。素晴らしい球場が誕生しそうな広島と、いちおう贔屓にしているつもりの横浜(一時期の脱力ゲームで見限りそうになったけれども、今でも他のチームと対戦していれば自然に肩入れしてしまうので、まだファンなのだな)。

広島の方はオーソドックスでグッド。悪くはない。一見した所では横浜よりもいい感じに見えるかもしれない。でもちょっと物足りないかな。MLBのこことここから持って来たのかなって見えて来ちゃう部分がある。カープのホームページを見るとTシャツやタオル等面白いアイデアの商品がたくさんあり、これは他球団よりも豊富だと思う。そう思うだけにユニフォームにもプラスαを求めたかった。(ただまだしっかり見ていないので、実際に動く選手の映像を見ればまた違ってくるかも)

逆に横浜は一見あれれ?って感じた人もいるのではないか。報道写真が下手だったということもある。でもファン感謝デーに行った人の写真を見たりすると案外良い出来なのが分かる。先ずは今までに無いニュアンスが感じられる事。落ち着きのある大きな港街横浜、また古里神奈川のチームとしてすとんと納得できるデザイン、仕上がりであること(似ている色使いが神奈川の高校野球チームにあったのだけれどもどこだっけ。未だに思い出せない)。それから何よりもこれが大事なのだが、選手を大きく見せるデザインであること。その辺良く練られていると思った。
ネット上ではホーム・ビジターのロゴ書体を揃えるべきという声があった。あのBが特徴的なだけにそういう声が上がるのも無理は無いが、よく見て欲しい。B以外は割合オーソドックスな筆記体なのよ。だからYokohamaはあれで揃っているわけ。そういう見方をすると、ホームをBのみにしたこと。帽子のマークもそれにしてシンプルにしたこと。ビジターのYの字のデザインに凝りすぎなかったことも良かった。もちろん不満点もあるが概ねいい感じである。
それから、袖の星印が「科特隊」みたいだと思った人は年がバレるので言わない方がいい(笑)。
兎に角、来年が少し楽しみになった。心機一転戦う(ってくれるであろう)横浜をまだしばらくは応援しよう。

WBCの監督が決まり、候補選手が発表された。原くんは準当。ノリさんと稼頭央が候補に入っていないのはご不満。よく見ればもっとあれこれ出てきそうだけれども、まあいいや。オーダー予想はこの段階でやっても面白くないのでパス。夢は春先のアレのままでいい。

仕事は種まきに忙しい。来年早々に実になってくれればいいのだけれど。

それと風邪気味。まだ明確な症状は出ていない。寒気と喉が風邪モードになっているのが気になる。

両国でダライ・ラマ法王に会って来た。といっても遠くの席から一方的に見聞きして来ただけなのだが、とても印象に残り後を引いている。やっぱすごい人物だな。何だか泣きそうになった。時間があればつらつら書きたい事もあったのに。でも伝わって来たものを持ち続けていられればいいかなと。

展覧会もいくつか行った。その都度日付と名前だけでも書いておけばよかったな。まあ貰えるものは貰ってちゃんとジブンの中に残っているからいいっていえばいいんだけれど。

暮らしについては不満が蓄積。来年は引越す!

頂き物の林檎と蜜柑が美味しい。

WordPressのバージョンが2.7になってなかなか良い。

んーと、そんなところかなあ。思い出したら書き足そうっと。

※これが記念すべき?500投稿目らしい。書いている期間から考えると大分少ないね。

Red Sox' new road uniforms have a retro feel

clipped from www.projo.com

Gray, with navy-blue “Boston” lettering, the new away jersey will replace the gray-with-red-letters version the team has worn since 1989.
blog it

• The Providence Journal
おおおぉ!カッコいい!
Red Soxが来年のロードジャージの変更を発表。欲しい。。。すぐ欲しいぞ。

• Red Sox unveil ‘new’ uniforms, logo

ALCS ((Amazin' Rays))

Raysに負けた。
おめでとうRays。
喜びの様子を見ていると、素直にそう思えてくる。夢が達成される瞬間っていいもんだ。あの去年までの弱かった姿を思うと何だか涙が出てくるよ。
この勢いで、いっそチャンピオンになってくれ。あ、でも相手は田口のフィラデルフィアか。まあいいや、いずれにしてもワールドシリーズは只々野球を楽しもう。

今年もワールドシリーズへ向けて

リーグ優勝シリーズへ4チームの進出が決まった。ボストンももちろん入っている。ただ勝ち方は紙一重という感じだった。今年のエンゼルスは最強と言われるほど強く、かたやうちは何とか総合力で勝って来たというところ。リーグ戦での対戦では歯が立たないと言っていいほどやられっぱなしだった。でもまあやるときゃやります、勝ち抜きました。
ALCSはタンパベイ・レイズと。これもどちらが勝ち残ってもおかしくない面白い試合が見られるんじゃないかな。エース、ベケットとペドロイアの復調が鍵。

ナショナル・リーグはドジャースとフィリーズが勝ち残り対戦。どちらも好きなチームなのでこれも楽しみ。ずっと「今年はドジャース」と言って来た手前応援したい気持ちもあるけれども、田口がいる事と本拠地のシチズンズ・パークが大好きでそこでのワールドシリーズが見たいと言う事もあって微妙。

ボストンが勝ち抜けを決めた試合は忙しくてほとんど見られなかった。でも最終回の攻防は手を休めて見ちゃったね。エンゼルスが逆転しようと仕掛けたスクイズを空振りさせ、バリテックが追い込んでタッチアウトかと思ったら落球!でも判定はアウト。スローで見るとバリテックがタッチ後それをアピールして少しだけグラブを上げかけている、つまりプレー終了後の落球と審判は見た訳だ。当然相手のソーシア監督は抗議するし、もうハラハラ。ただ終わってみればこのプレーが大きかった。
そういう訳でお楽しみはまだまだ続く。